効率よく学ぶ

地球儀

学習塾における英語の授業は、これまでは集団指導で日本人講師が教えるということが全てでした。すなわち、英語ネイティブでもない日本人が教室で多くの生徒を前にして英語を教えるという、いわゆる学校の授業です。しかしながら、現在は少し状況に変化があります。それが個別指導塾の台頭です。学習塾といえば、それまでは集団指導を行う塾が一般的でしたが、近年、個別指導塾がどんどん教育業界に参入してきました。それに応じて、塾における英語の授業も変化してきたのです。すなわち、必ずしも日本人講師ではなく、日本の大学に通う英語ネイティブが1対1のマンツーマンで教えるというのも珍しくありません。これは、集団指導の場合に比べて、ネイティブにとっても敷居が低くなったということが背景にあります。

個別指導における英語の授業の今後というテーマで書いていきます。第一段落でも書いたように、現在は日本人による英語の授業だけではなくなっています。集団指導であれば、ネイティブにとってもかなりのプレッシャーを感じるので、なかなか参入できない状況でした。しかし、個別指導塾の台頭で、マンツーマンあるいは少人数で行う授業であれば、比較的プレッシャーを感じないということから、留学中の英語ネイティブも参入しやすくなりました。個別指導塾の数は年々増加傾向にあります。そのため、今後もますます個別指導塾の数は増え、ネイティブが教える機会も多くなります。したがって、今後はネイティブによる生の英語に触れる授業がどんどん増えていく見込みです。