海外で学ぶ

生徒

英語を勉強している人の間で、新たな留学先として話題になっている国があります。それが、フィリピンです。ではなぜ、今フィリピンが多くの日本人に支持されているのか、その謎を紐解いていきます。まず、最も多い理由が、留学費用の安さです。一般的に語学留学と言えが、アメリカやイギリスなどの主要都市が主流とされていました。しかし、このような先進国に留学することは費用が高く、かつ生活費も多く必要とされます。とある統計では、アメリカやイギリスに留学する際、3か月に必要な資金はおよそ80万円から90万円と高額です。その反面、フィリピン留学では3カ月およそ30万円から50万円と割安なのです。費用の安さが選ばれる理由の1つになっているのです。

フィリピンが留学先として選ばれる理由は、費用の安さだけではありません。その他にも沢山のメリットがあるのです。1つは、フィリピンが世界で3番目に英語を話す人口が多い国であることが理由です。学校教育では、ほとんどの授業が英語で行われ、英語を使うことが日常的になっています。行き届いた英語教育が留学生には魅力なのです。その次に、授業内容の良さです。アメリカやイギリスなどの学校では、20人前後の大人数で授業を行います。そのため、自分のレベルに合ってない場合などもしばしばです。一方、フィリピンの学校では、少人数制のクラス体系を採用していて、マンツーマンで教えてくれる学校もあります。つまり、生徒一人一人に行き届いた授業を提供してくれるシステムが整っているのです。割安の留学費用と高い教育システムが、フィリピン人気の理由なのです。